本日は文化財防火デー。崇禅寺で防火訓練【桐生市】

1月26日は文化財防火デーです。昭和24年の1月26日に法隆寺金堂壁画が焼損したのを契機に毎年文化財防火運動が展開されており、桐生市でも毎年この時期に文化財防火訓練を実施しています。

今年の訓練は本日午前、川内町の崇禅寺にて行われました。崇禅寺は鎌倉時代の製作とされる木彫阿弥陀如来像が群馬県指定重要文化財に指定されている他、樹齢600年前後とされるイトヒバが群馬県指定天然記念物にも指定されています。

本日の訓練では、お寺の関係者による火災通報に始まり、消火器による初期消化訓練、消防隊の皆様による放水など、火災発生時の基本的な手順も含めた確認が行われました。桐生市は戦災を免れたことから県内でも最も文化財の多い地域となっています。首里城の火災も記憶に新しいところ。市民の宝である文化財の価値をしっかり認識することで、後世に受け継いでいきたいですね。

崇禅寺
住所 桐生市川内町二丁目651

【投稿者:はたのね編集部】桐生を元気にする情報を発信していきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。